FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガールズバーの深夜酒類提供飲食店営業開始届

当事務所のホームページとなります。
ご依頼・お問い合わせはサイト内のメールフォームをご利用ください。

 ba05.jpg m24.gif


こんばんは。

 

行政書士の荒尾です。

 

先程の続きです。

 

それでは、午前1時以降も営業を行うにはどうすればよいのか?

 

簡単に言えば、風俗営業に該当するような営業形態を止め、深夜酒類提供飲食店営業開始届

 

するという方法です。

 

この届出は、午前0時以降にお客さんに主として酒類を提供する飲食店営業を行う方に必要な届出

 

になります。

 

一般的には、スナック、バー、居酒屋などの接待行為を伴わないお店とイメージしていただければ

 

良いかと思います。

 

これであれば、営業時間に関する制限は一切なくなり日の出までの営業も可能となる訳です。

 

しかしこの場合には、お客さんとの積極的なコミュニケーション(接待行為)を取ることが出来ず、

 

本来、目指していた営業が出来なくなる恐れがあります。

 

オーナー様にとっては非常に頭の痛くなる問題だと思いますが、風営法には皆さんが思っている以上に

 

とても細かく厳しい制限、制約があります。

 

余談ですが、俗にキャバレー、ナイトクラブ、ダンスホールなどと呼ばれるお客さんにダンスを

 

させたり、お酒を提供する営業も風俗営業(1号・3号・4号営業)となり風俗営業許可を取って

 

いなければ無許可営業として摘発の対象となります。

(お客さんを踊らせるのに許可が必要ってちょっと違和感もありますが・・・)

 

他にも、喫茶店バーであっても照明の明るさや店内の見通しの悪さなどによっては

 

風俗営業(5号・6号営業)に該当する可能性もあります。

 

もちろん、違反した場合のペナルティも厳しく設けられています。

 

ですので、現在開業されている方は勿論のこと、これから開業を考えておられる方は、お店の

 

営業形態をよくよく確認、検討のうえ、お店に一番適した許可(届出)を受けることが最も重要に

 

なってくるかと思います。

 

風俗営業許可と深夜酒類提供飲食店営業開始届の両方をという訳にはいきませんので、

 

何をより重要視するのか(お店の売りにするのか)ということを決断しなければならないということです。

 

ポイントは↓↓↓

 

  ・より積極的なコミュニケーションやサービス(接待行為)を伴う営業 → 風俗営業許可

 

  ・午前0時以降もお酒を提供した飲食店営業 → 深夜酒類提供飲食店営業開始届


当事務所では、風営関係及び飲食店関係のご相談無料(初回のみ)にてお受けしております。

 

自分の店はどの許可が必要なのか?人的要件や構造要件、立地要件は大丈夫なのか?

 

など、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい。

 

詳しくは、当事務所運営サイト「飲食店開業サポート.com」 をご覧下さい!!!

 

 

以下、お問い合わせは当事務所ホームページをご利用ください^^

 

ba05.jpg 飲食.jpg ビザ.jpg

m29.gif m251.gif   

 

[取扱業務]
●離婚・養育費・親権・慰謝料のご相談●遺言・相続・遺産分割・遺留分・遺言書作成指導・遺言執行手続きのご相談●合意書・示談書・念書・覚書・借用書・離婚協議書・遺産分割協議書・内容証明郵便・公正証書文案・会社定款、議事録など各種書類、契約書の作成及び変更●交通事故などによる慰謝料請求、損害賠償請求・自賠責保険請求・任意保険請求・後遺障害等級認定申請●クーリングオフなど消費者問題●家賃滞納の督促・敷金返還請求・売掛金債権等回収支援・過払い金利息計算など金銭トラブル●在留許可・在留資格・VISA申請・国際結婚・外国人登録●株式会社設立・各種法人設立・風俗営業許可申請(キャバクラ、ラウンジ、スナック、クラブ)・性風俗関連特殊営業開始届(デリヘル)・古物商許可申請・深夜酒類提供飲食店営業開始届(Bar、ガールズバー、居酒屋、焼鳥屋)・飲食店営業許可申請(カフェ、レストラン、食堂)・動物取扱業登録申請・宅地建物取引業免許申請・建設業許可申請・たばこ小売販売業許可申請・酒類販売業免許申請・理容所、美容所開設届など各種許認可申請●不当解雇に関する支援●チラシ・名刺・広告のデザイン・ホームページの作成●婚前契約書・結納証明書・準婚姻契約書・婚約証明書の作成●DV・ストーカー・セクハラ・モラハラ・パワハラ被害のご相談●車庫証明・名義変更手続き等代行etc...

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福岡・北九州の行政書士 ウィル法務事務所

Author:福岡・北九州の行政書士 ウィル法務事務所
[取扱業務]
●離婚・養育費・親権・慰謝料のご相談●遺言・相続・遺産分割・遺留分・遺言書作成指導・遺言執行手続きのご相談●合意書・示談書・念書・覚書・借用書・離婚協議書・遺産分割協議書・内容証明郵便・公正証書文案・会社定款、議事録など各種書類、契約書の作成及び変更●交通事故などによる慰謝料請求、損害賠償請求・自賠責保険請求・任意保険請求・後遺障害等級認定申請●クーリングオフなど消費者問題●家賃滞納の督促・敷金返還請求・売掛金債権等回収支援・過払い金利息計算など金銭トラブル●在留許可・在留資格・VISA申請・国際結婚・外国人登録●株式会社設立・各種法人設立・風俗営業許可申請(キャバクラ、ラウンジ、スナック、クラブ)・性風俗関連特殊営業開始届(デリヘル)・古物商許可申請・深夜酒類提供飲食店営業開始届(Bar、ガールズバー、居酒屋、焼鳥屋)・飲食店営業許可申請(カフェ、レストラン、食堂)・動物取扱業登録申請・宅地建物取引業免許申請・建設業許可申請・たばこ小売販売業許可申請・酒類販売業免許申請・理容所、美容所開設届など各種許認可申請●不当解雇に関する支援●チラシ・名刺・広告のデザイン・ホームページの作成●婚前契約書・結納証明書・準婚姻契約書・婚約証明書の作成●DV・ストーカー・セクハラ・モラハラ・パワハラ被害のご相談●車庫証明・名義変更手続き等代行etc...

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。